私設絵画館

カテゴリー一覧
散策(369)
スケッチ(300)
がらくた談議(206)
私設絵画館(265)
独り言(278)
わたしの一言(7)
お住まいのワンポイントアドバイス(49)
その他(2)

リンク

※画像をクリックすると拡大表示されます。
富士山(仮題)  その2        作者 水田慶泉
,
作者  水田慶泉 (練馬区立美術館より)
水田慶泉 MIZUTA, Keisen 1914-1997 1914年(大正3)大阪市に生れる。父は南画家の水田竹圃。1932年(昭和7)京都市立美術工芸学校卒業。父竹圃の画塾「菁莪会」に入り、水墨画を学ぶ。翌33年の第14回帝展に《奔涛》が初入選。以後、帝展、新文展に出品。1939年(昭和14)陸軍歩兵野戦病院部隊に入隊。戦後は1947年(昭和22)第3回日展に《翠巒》が入選以来、日展に出品を続けた。初期は水墨による写実的な風景表現を模索したが、戦後は色彩による堅固な風景画を展開した。1956年(昭和31)堂本印象の画塾「東丘社」に入る。1963年(昭和38)第6回新日展で《雲映える沼》が特選・白寿賞となる。翌年の第7回新日展でも《出雲の村》が特選・白寿賞となる。1981年(昭和56)仁和寺の高松宮記念書院の襖絵32面を揮毫。87年(昭和62)には金閣寺天井絵の復元事業に参加。1997年(平成9)京都で死去。

2012年01月02日(月)   No.754 (私設絵画館)

明けましたおめでとう御座います。(富士山)その1 

新年にふさわしく富士山「暁の富士」漆絵にしました。
(23、12、8に掲載しました二度目の登場です)
2012年01月01日(日)   No.753 (私設絵画館)

漆絵「暁の富士」  作者  白翁
, ,
漆絵の富士山です。
作者は新潟市出身の漆芸作家 白翁です。
 いりやま はくおう
  1904年、新潟県白根市に生まれる
  28年、上野美術学校漆工科入学
  31年、美術工芸展入選
  32年、美術協会展入選
  34年、朝鮮楽浪文化研究のため渡鮮
  35年、美術協会展入選 棗を大宮御所貞明皇后に納入
  36年、第三回文展入選
  40年、日本貿易会会員
  45年、日展第一回展入選となり諸外国に作品納入、及び
       第2回展、第4回展共に入選、47年の第6回展入を        最後に一切の美術団体を去り、以後無所属
  52年、ソビエト美術館に乾漆象嵌蒔絵花瓶を納入
  75年、沖縄国際海洋博覧会「海を描く現代絵画
       コンクール展」入選
  77年、東京セントラル美術館にて回顧展
  82年、アメリカパサデナ美術館にて長期漆画展開催
  84年、東京富士美術館にて「富士を描く画家達の500年展」
       米、 英、 仏、 独等各国に作品納入 三越本店
       近鉄、伊勢丹、小田急、東急、資生堂ギャラリー
       他各地で個展30数回に及ぶ
    (有)創作漆画研究所 入山和夫氏 より掲載
2011年12月08日(木)   No.729 (私設絵画館)

藪椿図(仮題)      絵 作者  東 以
, , ,
新潟はこれから長い冬です、でも陽だまりのいい椿の生け垣には静かにその赤い花を付けています。
藪椿の花は陽だまりに咲くも良し、厳しい冬に雪の中に咲くのも良し
切り花にして生けるのも又良しと、長くて厳しい新潟の冬を豊かにしてくれる花の一つです。
絵はつけたて画法で墨と朱で厚みのある椿の葉や花を一気に描いて椿の生命力が表現されていると思います。

絵の作者 東以 作者を因みに「物故書画家人名事典」で調べてみました。
熊坂東以の名がありました、参考までに以下に掲載します。

熊坂東以
昭和〜澆瞭本画家
安田順彦、小倉遊亀後の門下で日本美術院特
明治40年(1917)〜7年(1995)享年89歳
始め東夷、東以
出身地 神奈川県
物故書画家人名事

賛(詩)は毅堂  作者毅堂は不明です。
2011年12月05日(月)   No.726 (私設絵画館)

鴛鴦図(仮題)      作者   今井景樹
, , ,
鴛鴦図(仮題)
雌のオシドリが今にも水へ飛び込もうとしている一瞬でしょうか、雄のオシドリは羽毛をけば立たせて体を暖めて休憩中みたいです。

古美術 高美堂よりコピー掲載
今井景樹 (1891〜1967)
明治24年三重県に生まれる。本名は康。京都美術専門学校卒業後、今尾景年の門で円山派を学ぶ。その養子となるが、のち復籍する。昭和28年に前住居京都岡崎から三重県阿山郡拓殖に画室を転居。花鳥画を得意とする。昭和43年歿、享年77歳。

2011年12月04日(日)   No.725 (私設絵画館)

「秋聲賦」        絵の作者不明
, , ,
「歐陽修」秋聲賦 を絵にしたものです文字は秋聲賦401文字だと思います。
絵は声の気配の様子を探る様に命ぜられた召使いの童子が、門の戸を開けてそれがなになのか探しているのでしよう。
空には雲の晴れ間から、抜けた出た月が出ています。
描かれた木の枝の表情から風のざわめきや寒ささえ伝わって来るようです、私は「秋聲賦」から感じる霊感みたいなものさえ表現している様な、そんな感じで見ています。
作者は不明ですがそんな分けで、此の絵を求めました。
私は詩の作者も此の絵の作者も知らないのですが、此の絵の作者はきっと
「秋声賦」が好きなのか、「歐陽修」を敬愛しているんだろうと思っています。
2011年12月03日(土)   No.724 (私設絵画館)

晩秋   作者 石塚青莪

作者
苗字:石塚(いしづか)
名前:青莪(せいが)
号:青我(せいが)
性別:男
生年:1910年(明治43年庚戌)
時代:明治〜平成
地域:日本
師匠:望月春江
分野:画家 日本画
2011年11月27日(日)   No.717 (私設絵画館)

農作業の図 仮題 尾越勝之助
, ,
農作業の図(仮題)名付けて「ごんさくさんの畑仕事」の題名がふさわしいくないですか?
昔テレビ番組に日本昔話という番組が好きで、その絵が、なかなかの味がありました、よくみたものです。
尾越勝之助さんは、
時代からするとそれらの画家の先駆けで先輩にあたるくらいの年代の人なのかも知れません。
絵は大根の収獲の農作業です、秋の大根ではなく春大根なのかなと思っています。
なぜなら竹の葉の色です、竹は春に葉が黄色く枯れます、それから木の葉も緑ですそれらを考えると、きっと春まき大根の収獲の絵なのだろうと思って観ています。
でもそんなことはどうでもよいことなのです、此の絵の魅力は、ご覧の様に漫画チックな表情の農夫さん名付けて「ごんさくさん」ヒョットして立ちションかなと思える雰囲気の姿や木や竹の表現です。いま人気画家の原田泰治さんもドッキリかと思います、いやむしろ原田泰治さんより先がけだと思います。
作者は尾越勝之助、山形県出身の異色の日本画家詳しくは資料がありません。
詳しい資料お持ちの方教えて下さいお願いします。
2011年11月26日(土)   No.716 (私設絵画館)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年 /
01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50