私設絵画館

カテゴリー一覧
散策(369)
スケッチ(300)
がらくた談議(206)
私設絵画館(265)
独り言(278)
わたしの一言(7)
お住まいのワンポイントアドバイス(49)
その他(2)

リンク

※画像をクリックすると拡大表示されます。
「菊と蘭図」仮題   作者海山指頭
, ,
「菊と蘭図」仮題   作者海山指頭
昨日に続き新潟の絵かき海山指頭の菊と蘭の絵です。
指の頭で描いた絵だそうです。
2011年08月15日(月)   No.612 (私設絵画館)

鮎の絵(仮題) 作者指頭海山
, ,
鮎の絵(仮題) 作者指頭海山
今NHKの朝のドラマで「おひさま」が毎日放送されています、戦中戦後の頃の日本をイメージしながら私の父や母のその頃の時代と重ねあわせて時々見ています。
此の絵の作者指頭海山は、まさにその時代に日本各地を絵筆で一本で行脚し天覧の栄誉を得るまでに至ったとの事です、人生がつまり芸術的みたいとも思われる、そんな人生を送っている新潟の画家です。

作者は、新潟県出身の味方海山です。
自から指頭海山(海山指頭)と称し、指を使って絵を描いていたそうです。
数年前に新潟市北区の豊栄博物館で指頭海山を紹介する展覧会があり、その時は、あまり気にしないで、そこそこしか印象にありませんでした。
その後、ある人から新潟大学の岡村浩先生の著わした、
「阿賀野路を彩る文士ー磯野霊山と味方海山」を見せて頂きその生き様を知る事で、味方海山のファンになってしまいました、いずれ、この他に何点かご紹介致します。

味方海山(1863〜1942)。現在の新潟市中央区寄居町に生まれ。幼少から指先で絵や字を描き、画家としての才能を見抜いた父親が京都の南画家田能村直入に弟子入りさせた。
そこで海山は文人画を学んだが指頭画を貫いた。その珍しい描き方と、繊細な仕上がりに、人気を博し、特に梅と達磨の絵を得意とし、驚くほどの速さで仕上げたという。
また皇室や軍の上層部の人たちの前でもその描きぶりを披露していたことが当時の新聞に記されているという。
 長い間旅画家として全国を渡り歩いたが、晩年は新潟松浜に戻り79歳で亡くなった。

2011年08月14日(日)   No.611 (私設絵画館)

滝の絵(仮の題)グランドホテル所有 作者番場春男先生

暑い夏です今日は涼しい絵をご紹介致します、グランドホテルのホールに飾ってあったものを撮影致したものです。
涼しいでしょう、迫力に圧倒されました。
作者番場春男先生は加茂市の出身で院展特待まで行かれた人です。

番場春雄  
明治43年、新潟県生まれ。郷倉千靭に師事し花鳥、風景を得意とした。
日本美術院入選22回、奨励賞2回、白寿賞1回、県展委員も務めた。
2011年08月13日(土)   No.610 (私設絵画館)

関羽  絵の作者は法眼呉浚明(五十嵐浚明)
, ,
「関羽」です。
絵の作者は法眼呉浚明(五十嵐浚明)です。真贋は勿論分かりません。
真贋よりも私は此の絵が好きです、関羽の顔の表情がなかなかなものと思っております。
関羽は決して人を裏切らなかったとの事です。
そこで中国では商売は信用第一という事で関羽を商売の神様として祭っているそうです。
私もその心を持ちたいと思い此の絵を求めて飾って見ています。
処で作者の五十嵐浚明も素晴らしい人です、因みに真贋は別として下記に経歴を掲載致します。
デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説.
五十嵐浚明 いがらし-しゅんめい
1700−1781江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)13年生まれ。京都で竹内式部に闇斎(あんさい)派の儒学を,江戸で狩野(かのう)良信に画をまなぶ。京都で諸派の画を研究,一時,呉(ご)浚明と名のる。法眼となって郷里越後(えちご)(新潟県)にもどった。天明元年8月10日死去。82歳。本姓は佐野。名は安信。字(あざな)は方篤(徳)。別号に孤峯,穆翁(ぼくおう)。

2011年08月12日(金)   No.609 (私設絵画館)

夏の山村風景(仮題) 作者 志賀正兆 
, ,
夏の山村風景(仮題)作者 志賀正兆 
此の景色は新潟県では五泉市(旧村松町)を思わせるような季節は丁度今頃の山村の風景です、時代は昭和前期でしょうか、馬車を曳いています。
旧村松町は今でもこの様な緑が豊かに残っています、又川原が早出川を思わせそっくりで懐かしい景色です。
作者 志賀正兆(正人)は2010年の11月29日にご紹介しましたが。
作者について、長野県松本市の手塚奈緒美さんの解説です。
作家:志賀正人(正兆)ですが、長野県出身(詳細不明)で大正〜昭和期に松本市に在住して、現:松本深志高校で美術を指導していたとのことです。
長野県展の前身、全信州美術展の創設にも関わっていたとの話もありますが、定かではありません。
長野県内とくに松本・安曇野地域には山岳作品が残されています。

2011年08月08日(月)   No.605 (私設絵画館)

陶製の灯り(ステンドグラス)月や星みたいに
, ,
陶製の灯り(ステンドグラス)月や星みたいに、きっと作者は夜空のイメージがあったんだろうと思います。
作者はたびたびこのコーナーにてご紹介しました大久保千秋先生です。
星や月をじっくり見るなんてことが無くなりました今はこんなものも、なかなかいいもんですね。
2011年08月07日(日)   No.604 (私設絵画館)

蛙蓮池之図 作者 稲垣錦荘
, ,
蛙蓮池之図 
私は蓮池が好きなのです、今の季節の様に蓮の花の美しさ、芳しさは勿論ですが、やがて秋が来て蓮の葉が枯れ色になって下をむいているのも味があります又更に冬の凍結した蓮池にその枯れた幹が一つのリズムを刻む様に半分に折れ曲がって凍った水面に刺さっているのも又綺麗なものです。
此の絵はどちらかといえば、盛りを過ぎた蓮池に蛙がのどかにという状景です。大正丙辰(大正5年)の11月に日比先生の為に描いた物なのっでしょうか?あえて蛙を描いたからにはその蛙の存在を意味するものがあるのだろーと思いを巡らせているところです。
作者 稲垣錦荘
美術人名辞典の解説.
日本画家。愛知県生。山本梅荘・のち橋本関雪に師事。服部担風に漢詩文を学ぶ。帝展・日本南画院展入選。日本南画院同人。昭和44年(1969)歿、75才。
2011年07月20日(水)   No.586 (私設絵画館)

虎の図(part供肪欷弯(柴原魏象)
  , ,
4月19日(火)に戦時中の戦意高揚の一助となる虎之絵をご紹介致しました今日は虎は虎でもその時とは全く違ったイメージの虎図です。元来私はこの様なマンガチックな絵が好きなのです。
古美術 高美堂の記事より掲載。
作者名 柴原 希祥(しばはら・きしょう)(柴原魏象)明治18年岡山県の生まれ。初号・魏象。京都市立美術専門学校を卒業し、後に竹内栖鳳(幸野楳嶺の門下)に師事し四条派を修得する。、文展 帝展などに入選を重ねるなど京都画壇で活躍した。また後年には母校の教諭をつとめ、俳句を中川四明 河東碧梧桐などに学んで、俳句 俳画にも長じた。
2011年07月12日(火)   No.578 (私設絵画館)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年 /
01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50