私設絵画館

カテゴリー一覧
散策(369)
スケッチ(300)
がらくた談議(206)
私設絵画館(265)
独り言(278)
わたしの一言(7)
お住まいのワンポイントアドバイス(49)
その他(2)

リンク

※画像をクリックすると拡大表示されます。
達磨大師の図
,
一般的なイメージの達磨図だとおもいます。
我が家のリビングに飾っていましたら、81歳のお婆ちゃんは毎日達磨さんに、にらまれて居るようで、適度の緊張感があってメリハリに成るとの事でした。
雅号、落款は雅堂です。作者不詳です。
因みに新潟県出身で外山雅堂という画家が居りましたが、雅号の筆跡がまるで違います。
又小室翠雲の門下で大山雅堂という画家が居りますが此の作者かどうかは不明です。
2010年09月24日(金)   No.282 (私設絵画館)

葦葉達磨図PART2
, , ,
葦葉達磨図 PART供頁半綯K畤淤瑤賄漏っK畤泙箸發いΔ茲Δ任后
作者「柳蛙」
物故書画家人名辞典ver2 より
歌川国政(五代)明治〜大正の風俗画家
歌川国貞、飯島光峨の門下
?〜大正2年(1913)享年?歳
本姓は竹内 雅号 小国政、国政、媒同、柳蛙
出身江戸
浮世絵師(5代国政)です。なるほど絵を見れば、仏画というより、劇画のジャンルといえるでしょうか?目が血走り達磨の決意が強調された絵だと思います。昨日の葦葉達磨図とはかなり雰囲気が違う表現だと思います。
マクリの状態で手に入れました。表装は私が新たにお願いしたものです。
2010年09月23日(木)   No.281 (私設絵画館)

葦葉達磨図PART1
, ,
達磨大師にまつわる故事(コラム「だるまさん」/web智光院)より

梁の国王・武帝は、熱心な仏教信者でありましたが、残念なことに「禅」との因縁は結ばれませんでした。そこで達磨大師は、揚子江を渡り、魏へ入りました。嵩山少林寺(すうざんしょうりんじ)に留まり、独り坐禅修行を続けていました。
蘆葉の達磨(ろようのだるま)
梁から魏へ向かう時に、アシの葉の上に載って揚子江を渡った、という話。このページ最初の写真右が「蘆葉達磨図」で、中国ではよく画材になっている。渡し船がアシの葉の形に似ていたので、このように創作されたのだろう。

(物故書画家人名事典)より
絵の作者 池上文遷 野村文挙の門下で禅画を得意とした。
明治20年(1887)〜大正10年(1921)享年35歳
名は藤五郎 東京都出身

但し箱書きは在りませんので本人の作品の確信はありません。
2010年09月22日(水)   No.280 (私設絵画館)

隻履の達磨(せきりのだるま)(達磨が履物を片方ぶら下げて)
, , ,
二十日がお彼岸の入りでした。此のたびも彼岸にちなんで達磨大師をご紹介いたします。
向かって左の達磨はお盆にご紹介しました尾竹国観の絵です。
今回は中央の達磨をご紹介いたします、作者は橋本秀邦です。
達磨大師の事はよく分かりませんので、コラム「だるまさん」/web智光院より掲載しました。

● 隻履の達磨(せきりのだるま)(達磨が履物を片方ぶら下げて歩いています)
魏の宋雲という人物が、明帝の使いで西域に行き、中国へ戻る帰り道、履物の片方をぶら下げた奇妙な僧に出会った。宋雲が奇僧に「どこへ行くのか?」とたずねると、奇僧は、「インドへ帰る。」と答え、さらに「あなたの主は亡くなられたぞ。」と答えた。宋雲が魏に帰ると、はたして奇僧の言ったとおり、明帝は崩御していた。後日、「その奇僧は、きっと達磨大師に違いない」と、人々の噂するに到り、大師の墓を開けたところ、棺の中に遺体はなく、片方の履物だけが残っていたという。・・・・・

私の疑問、という事は達磨大師は亡くなって再度復活したということでしょうか?

{思文閣 美術人名辞典 }
橋本秀邦. はしもと しゅうほう. 日本画家。 明治14年(1881)東京生。 日本画家橋本雅邦の三男、弟は永邦。 名は得。 父の指導を受け、連合絵画共進会で銅牌を受賞。 雅邦門下生による二葉会幹事となり、文展開設では新派の国画玉成会に参加す。

2010年09月21日(火)   No.279 (私設絵画館)

彼岸花(絵手紙作家岩崎八重子先生)より頂戴いたしました。

彼岸花。
絵手紙作家岩崎八重子先生より以前に頂戴したものです。
明日から彼岸ですので掲載致しました。
2010年09月19日(日)   No.277 (私設絵画館)

沙魚(朝井観波)
, , ,
新聞で見ましたが、今年はハゼが入れ食いとか、絵の魚はハゼではないかと思います。
作者は、 朝井観波 (あさいかんぱ) 日本画家。東京生。父は漢学者の朝井国南。本名は行五。はじめ川端画学校に入学し、のち日本美術院研究所で学ぶ。大正6年再興第4回院展に初入選、同年荒井寛方に随伴し渡印。アジャンタ壁画を模写する。帰国後、インドの古代説話に基づいた作品を制作。また日本美術院院友となるが、平福百穂の画風にひかれ脱退。のち、帝展で入選を重ね活躍した。昭和60年(1985)歿、88才。
尚今年(H22年7月20日)に掲載しました西脇蒼波の師匠にあたります。

三条の山田美術店にて求む。
2010年09月07日(火)   No.265 (私設絵画館)

栗鼠(板倉星光)
, , ,
栗鼠
作者は板倉 星光
いたくら せいこう
明治28年(1895)〜昭和39年(1964)
京都市に生まれる。本名捨次郎。大正3年(1914)京都市立美術工芸学校卒業を経て、同6年(1917)同絵画専門学校を卒業。菊池契月に師事する。大正4年(1915)第9回文展に「露」が初入選、以後文展、帝展、新文展、日展、新日展に出品。昭和4年(1929)第10回帝展で「春雪」が特選、翌5年第11回帝展で「春雨」が特選となり、翌6年同展の推薦となる。同10年(1935)堀井香坡らと水明会結成。同12年(1937)第1回文展で無鑑査となる。同17年(1942)東京で目黒雅叙園の襖絵を制作。同18年(1943)富山県入善町に疎開、戦後も逗留す。同24年日展依嘱となる。
(C)京都市立芸術大学芸術資料館

三条静美堂にて求む。
2010年09月06日(月)   No.264 (私設絵画館)

東坡洗硯の図
, , ,
中国の詩人「蘇東坡」が険しい山奥の山荘で隠遁の暮らしをしている処でしょう。
直ぐその前を流れる川で東坡が弟子と硯を洗っています。
東坡の求める理想の生き方を、此の絵は現しているんでしょう。
賛を読めない私ですが、箱書きには「東坡洗硯の図」と書かれております。
作者名は香石居士、田義と書いてあります、作者は不明です。きっとこの香石という絵描きは「蘇東坡」へのあこがれから自分が東坡に成りきったつもりで、此の絵を描いたことだろうと私は思います。
私は、この作者はよほどの東坡にいかれポンチなんだなとおもいました。
でも大家でいるんです、実は富岡鉄斎がそれなんだそうです、生まれた
月日が蘇東坡と同じだった事を大変自慢していたそうです。
とすると香石居士さんは鉄斎にもいかれポンチだったのかもしれません、絵が鉄斎風ともいえる、すこしおとなしけれど。


産業会館骨董市(信濃町の骨董屋)にて求む。
2010年09月04日(土)   No.262 (私設絵画館)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年 /
01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[Admin]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50